税理士業界

税理士という業界は現在飽和状態で、せっかく苦労して資格を取ってもなかなか仕事が回ってこないそうです。できるだけ自分で帳簿をつけて、コストダウンを図っている場合も多く、これから目指そうという人間が減っていく可能性がある。

業務内容としては、税務の代理、およびそれに関する書類の作成、会計に相談などがある。上で述べたように、必ず税理士を雇わなければ税務処理を行うことができないわけではなく、帳簿をつけることができれば、わざわざ税理士に頼む必要はない。

ただし、それは小規模な個人商店などに限り、収入が一千万、二千万を超えるような規模になれば、税理士の存在価値は高まってくる。大ざっぱに調べただけでも、税金のシステムというものは非常に複雑な構造になっており、その道の専門家に頼む方が作業効率の点からしてもプラスになることが多い。

収入が増えれば、税務調査員に目をつけられる可能性が高くなる。ただでさえ、税収を増やそうと躍起になっていくため、税務署をナメないほうがいい。少しでも不自然な点があるとマークされ、素人が脱税するのは非常に困難かと思われる。仮にそれが発覚した場合、無自覚であっても相応のペナルティが課せられる。

税理士に相談すれば、制度を利用すれば払わなくてもいい税金というのを教えてもらえたりもする。これは制度にのっとったものなので脱税ではなく、堂々と利用できる。このように、収入の多寡によって税理士を利用するか否かを判断してもらいたい。

資格がとれたら税理士紹介センターへ

http://www.all-senmonka.jp/